top of page

日本生理学会第100回記念大会にて研究成果の発表を行いました

  • 江川達郎、小川岳史、木戸康平、横川拓海、後藤勝正、林達也.Possible involvement of methylglyoxal as a new exercise-resistance factor.日本生理学会第100回記念大会.京都国際会議場(京都府京都市).2023年3月.

  • 伊藤理香、横山真吾、大橋和也、萩原ありさ、竹尾裕介、江川達郎、朝倉淳、後藤勝正.Abnormal differentiation of C2C12 myoblasts due to low expression level of ryanodine receptor 3.日本生理学会第100回記念大会.京都国際会議場(京都府京都市).2023年3月.

  • 井山涼太、黒木英梨子、林達也、江川達郎.The effect of physiologically active compound α on skeletal muscle depends on muscle fiber type.日本生理学会第100回記念大会.京都国際会議場(京都府京都市).2023年3月.

  • 趙海宇、林達也、江川達郎.Investigation of the effects of AGEs on the molecular mechanism of protein metabolism in mouse skeletal muscle.日本生理学会第100回記念大会.京都国際会議場(京都府京都市).2023年3月.

閲覧数:5回

Comentários


bottom of page