top of page

Journal of Applied Physiology誌に論文がアクセプトされました

終末糖化産物化前駆体であるメチルグリオキサールが持久性運動による骨格筋適応を減弱させることを明らかにした研究です。

Egawa T, Ogawa T, Yokokawa T, Kido K, Goto K,  Hayashi T. Methylglyoxal reduces molecular responsiveness to 4 weeks of endurance exercise in mouse plantaris muscle.

閲覧数:3回

Comments


bottom of page